耐震診断
HOME > 耐震診断

耐震診断

耐震診断耐震性の低い建物では、大地震が起こったときに倒壊が起きる可能性が高く、人命さえ失われかねません。
まずは、ご自宅の正しい耐震性を「知る」ところから防災対策がはじまります。LSOでは、安心して任せられる耐震診断技能士をご紹介しています。



  • 耐震診断のチェックポイント
  • 耐震診断の流れ

耐震診断のお申込み

耐震診断をご希望の方はお電話かホームページの耐震診断申込みフォームよりお申し込みください。診断費用 原則1戸あたり 50,000円(消費税込)になります。

お申込みはこちらから

耐震診断のチェックポイント

耐震診断は外観や図面だけでなく、2階の小屋裏、1階の床下より構造体(基礎・土台・柱・梁・筋かい等)を確認し調査いたします。チェック項目は下記の通りです。


地盤・基礎

地盤・基礎

基礎の種類や亀裂の有無を確認します。

地盤の建物への影響として、沖積層や埋立地のように弱いところでは建物を支えきらずに不同沈下を起こすことがあります。弱い地盤は地震力の増幅を起こし固い地盤より大きくゆれ、液状化と傾斜地における地盤の崩壊が考えられます。 基礎に求められることは、建物の一体性を高めることと、地震時に建物の耐力壁などが十分な機能を発揮できるようにすることです。基礎は、建物で受けた地震の力を健全に地盤に伝える必要があります。


屋根・外壁の種類

屋根・外壁の種類

屋根・外壁が建物にかける負担を調べます。

屋根や外壁が重いと、地震時の建物全体に対する負担もそれだけ大きくなってしまいますので、これを調査することによって「建物が倒壊しないために必要な耐力」を割り出します。たとえば土葺瓦の場合は「非常に重い建物」に分類され必要耐力が多く必要になります。


壁の量

壁の量

壁の仕上げ、土壁の厚み、筋かいの有無などを確認します。

壁の量が足りないと地震の大きな揺れに耐えられず倒壊してしまいます。 また、その壁が長年の建物の変形に抵抗できるよう「筋かい」や構造用の合板で構成されているかなど、壁自体の耐力も調べます。


壁の配置バランス

壁の配置バランス

壁が釣り合い良く配置されているかを調べます。

耐力壁がバランスよく配置されていない場合は、建物のねじれ振動を起こし、壁の量が十分にあっても、建物に偏った負担がかかるため、壁の少ない面が大きな変形を生じます。


接合部の状況

接合部の状況

接合部を金物で固定しているかを確認します。

現建築基準(平成12年6月)以前の建物では、基礎、土台、柱を緊結するホールダウン金物の取り付けがほとんどありません。柱頭、柱脚の接合部の金物も無い又は少ない場合は、地震などによる大きな揺れに対して粘りが小さく、柱のホゾが抜ける可能性があります。接合部(柱と梁、土台と柱、梁と筋かいなど)を金物でしっかりと固定しているかを確認します。


老朽度・腐朽・蟻害

老朽度・腐朽・蟻害

湿気、木材の状態、蟻害の有無を確認します。

外壁の仕上げに大きなひび割れが複数生じている場合や、屋根の棟も線や軒先が波打っている場合は、雨漏れ等により壁内の木材が湿り、腐朽を生じます。また、床下の土台、柱等の木材は湿気の多い状態が続くと、腐朽が起こり、白カビが発生し、白蟻の被害が出ている場合が多く、建物の寿命を縮め、保有する耐力の低下を招きます。




耐震診断の風景


1.野外調査
1.野外調査

地盤や基礎の状態等を調べます。

2.屋根裏調査
2.屋根裏調査

梁・筋かい・火打ち梁・接合部や継ぎ手等の状態を調べます。

4.床下調査
4.床下調査

筋かいや火打ち土台等の確認、土台の状況、湿気、腐朽、蟻害等を調べます。

3.懐調査
3.懐調査

1階の筋かいの種類接合方法等を調べます。

耐震診断の流れ

電話もしくはホームページよりお申込み

耐震診断をご希望の方はお電話か当サイトの診断申込みフォームよりお申し込みください。
※ホームページからのお申し込みの場合は、いくつかご自宅に関する質問がありますので、正確に診断するためにもできるだけお答えください。

  • お電話でお申込みの方は、0120−263−150まで
  • インターネットでお申込みの方は、こちらのフォームにご記入ください。
LSO認定診断技能士よりお電話にてご連絡します

担当者より診断にお伺いする日程についての連絡が入ります。ご都合の良い日を打ち合わせて決めてください。 ※診断日までにご自宅の設計図書(図面)をお持ちの場合は御用意ください。

耐震診断技能士が診断致します

知識・技術をもった耐震診断技能士が現地調査を行います。所要時間は、広さ、状況により違いますが、2〜3時間程度です。耐震診断の風景

診断書の作成

国土交通省監修の「木造住宅の耐震精密診断と補強方法」の基準に基づき診断報告書を作成致します。

結果報告

診断担当者が診断結果報告書のご説明を致します。
また問題点があればどのように補強すれば良いのかまでアドバイス致します。





LSO 人・家・街安全支援機構