• 住宅型既存住宅流通促進モデル事業
  • 国土交通省支援事業とは
  • 補助金理容のケーススタディ

国土交通省支援事業

この度、高槻市松が丘1丁目〜4丁目が、国土交通省の平成26年度「住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業」の対象地域として採択されました。 対象団地への住み替え応援として、高齢者の暮らしやすさ、子育てのしやすさに着目したリフォームや、住みやすいまちづくりを促進し、地域活性化を目指します。

事業概要

名称 「松が丘」住宅団地
所在地 大阪府高槻市松が丘1丁目〜4丁目
環境 市バスの便が非常に多く、大阪・京都の都心部へは最寄り駅より15分の交通至便な立地。
また、郊外であるため、周囲には緑が多く、環境に恵まれた閑静な住宅地である。
交通 JR高槻駅から市バスで15分
団地整備期間 昭和37年度〜昭和60年度
分譲期間 昭和42年度〜平成2年度
世帯数 2,374世帯
施設 大丸ピーコック
きとうクリニック
川村産婦人科
高槻市立 北清水幼稚園
高槻市立 北清水小学校・安岡寺小学校
高槻市立 第九中学校

事業体制

事業体制図


LSO 人・家・街安全支援機構